職務要約の書き方

職務要約の書き方

ここでは職務要約について少し書きたいと思います。が、、職務要約って何?というのが皆さんの反応ではないでしょうか。

そこで、まずは職務要約とは何か?から。

職務要約とは

「キャリアの棚卸しをしよう」でご説明し、既に皆さんが行った(と思われる)今までの職歴の棚卸し作業。

そこから会社と職種、行ったプロジェクトの結果などを簡単にまとめたものを「職務要約」と言います。

文字数でいえば300字程度が妥当と言われています。理由は「簡単に読めて、応募者がポジションに合うかどうか人事担当が判断できやすくするため」です。

種類は2つある

実はこの職務要約は職務内容と同じように時系列で書く編年体式と、経験をまとめて書くキャリア式の2種類があります。

編年体式で書く場合は転職経験や異動経験が少なかったりする場合に向いています。一方で、キャリア式で書く場合は転職回数が多かったり、複数の分野を経験している場合に向いています。

また職務内容をキャリア式で書く時に、どのように経験・スキルを積んでいったのかプロセスが分からないというデメリットがあります。その際に、職務要約はキャリア式で書かずに、編年体式で書くことで対処することができます。

では、具体的には何を書けばよいのでしょうか。先ほど行ったキャリアの棚卸しを使って以下にまとめてみましょう。

職務要約の見本

XX高等専門学校卒業の後、M株式会社で営業として合計xケ、総額約120億円のプロジェクトの受注からカットオーバーまで携わりました。特筆すべきは「顧客業務最適化コンサルプロジェクト(10億円/年)」であり、新規顧客であったE社に足かけ5年通い口説き落としました。
後、R社にプロジェクトマネージャーとして転職し、データーセンタ構築プロジェクトなどのプロジェクトマネージャーとして携わり、原価も当初の見積より20%押さえることができ、納期も1カ月短縮して終了することができました。多数のステークホルダーがいたために調整が非常に困難でしたが大きな問題もなく終了できたため社長賞を頂きました。

職務要約作成の注意点

いかがでしょうか。これならば書けそうな気がしませんか?

ここで、注意点が2つあります。嘘は書かないこと、具体的な事実を用いて人事担当が想像しやすいように分かりやすく書くことです。

嘘は書かないこと

業界は意外と狭いもの、どこの人がだれと知り合いか分かりませんので、嘘はすぐにばれてしまうものと思ってください。

事実、私の会社で「ヒラ」だった人が他社に転職する際「X社にて管理職」と書きその確認が私のところに来たことがあります。

たまたま他社の人事担当が私の学生時代の友人であったため起こってしまった不幸でした。(最も、その質問については「答えられないので人事課に聞いてほしい」と友人には回答しましたが、、。)

具体的な事実を用いて人事担当が想像しやすいように分かりやすく書くこと

「xxを受注した」だけだと何をしたのかやどのようにプロジェクトに貢献できたのかが全く分からないため敬遠される傾向があります。

もしも、何を強調したらよいのか分からない場合、是非転職エージェントを使ってみてください。

ヒントやアドバイスを惜しみなくくれることでしょう。

>>転職エージェント一覧 に進む

職務要約の見本をさらに手に入れるには

職務要約は職務経歴書のテンプレートの中に書かれていることがほとんどです。そのため、テンプレートをダウンロードすれば見本を手に入れることができます。

時々、含まれていないものもあるため、注意が必要ですが、その際は当サイトを参考にして作成してもらうか、他のテンプレートで見本が含まれているものをダウンロードしましょう。