ブランク(休職期間)の書き方は?

NO IMAGE
ブランク(休職期間)の書き方は?

転職活動をする時にブランクがあると、採用する側は良い印象を持ちません。

従って転職活動をする際には、働きながら転職活動をするのが望ましいと言えます。

一方で、退職した上での転職活動でどれくらいのブランクが許容範囲なのかと言うと、一般的には3ヶ月以内が目安になります。

どんなに遅くても6ヶ月以内には決まらないと厳しいです。

どちらにしても、出来るだけ早い段階で内定がもらえることにこしたことはありません。

では、既に病気や家庭の事情で1年以上の長いブランクがある場合はどうなのかと言うと、やむを得ぬ事情なので問題視しないところと、選考をお断りするところがあります。

この場合、職務経歴書ではなく履歴書の学歴・職歴欄、もしくは備考欄に理由を記載しておきましょう。

例えば、家族の看病であれば、職歴欄に、「家族の病気の看病のため退職」と記載します。

備考欄であれば、「家族の病気の看病のため退職しましたが、現在は仕事をすることに支障はありません。」のような感じで記載します。

書類選考に通過するということは、採用担当者が見落としている可能性もありますが、ブランクを問題視していないということなので、普通に転職活動を進めていって問題ありません。

ブランクを感じさせない方法はありますか?

様々な事情があるにせよ、ブランクがあるというのは転職・再就職をする上で、好ましいとは言えません。

そこで、どうすれば良いのかというと、退職後からインターネットを利用してブログの運営だったり、アフィリエイトサイトの運営を始めるのです。

もちろん、収益がすぐに出るほど簡単なものではありませんが、今はどんな業種でもインターネットを抜きに語れなくなってきているので、こういった経験は少なからずプラスになります。

どういったブログ・サイト運営をすればよいのかというと、あなたが今までに経験してきた仕事に関することを書けばよいのです。

どんなキーワードでアクセスが来ているのか、グーグルアナリティクスなどのアクセス解析を入れて改善をしていけば、アクセス数の多いブログ・サイトができます。

アクセス数の多いブログ・サイトというのは、転職・再就職をする上で、アピールポイントとなるので、やってみて損はないでしょう。

この質問のまとめ

  • ブランクの許容範囲は一般的に3ヶ月以内
  • 病気や家庭の事情によるブランクは問題にしない企業とする企業があるが、履歴書に記載しておくとよい
  • 自分の職務経験を活かしたブログ・サイト運営をして、アクセス数の多いブログ・サイトにできれば転職・再就職のアピールになる