郵送の記載がなくても職務経歴書を同封すべき?

NO IMAGE

郵送の記載がなくても職務経歴書を同封すべき?

もし、私が応募者であるならば、郵送の記載がなくても、職務経歴書は同封します。

昔はどうかしりませんが、現在では求人の募集要項欄に、「履歴書と職務経歴書を郵送してください」と書いてあるところが大半なので、職務経歴書を郵送するのは当然だと思ってください。

採用担当者の立場で考えると、履歴書だけでは求職者の経歴は分かっても、職務経験の情報が分からないので、職務経歴書があった方が選考しやすいです。

特に、有名・人気企業の募集要項で職務経歴書の郵送を明記していなくても、いざ書類選考になって、多数の応募者から書類が送られてきた場合、履歴書のみの人は職務経験の情報が足りないので、書類選考の段階で不採用になってしまいやすいです。

せっかくのチャンスを逃さないために、求人募集の要項に職務経歴書の郵送が記載されていなくても、職務経歴書は郵送しましょう。

Web応募の場合は面接時に職務経歴書を持参すべき?

先の質問で、「直接応募の場合には、郵送の指示がなくても、職務経歴書は同封した方が良い」と述べました。

それと似たように、Web応募の場合も、持参の指示がなくても、職務経歴書は持参した方が良いでしょう。

Web応募は、データが採用企業側に送られているので、それをプリントアウトしたものを面接官は読んでいたということが実際にありましたが、念のために用意しておきましょう。

持参する時に気をつける点があります。

それは、

  • 封筒に職務経歴書などの応募書類を入れ、さらにクリアファイルに入れる
  • 採用担当者に手渡す時は、クリアファイルや封筒から応募書類を出してから手渡す

の2点です。

封筒やクリアファイルに入れるのは応募書類が汚れないようにするため、折り目を付けないようにするためです。

また、手渡しの際には、クリアファイルや封筒から応募書類を出して、採用担当者が文字を読めるように方向を変えて渡します。

この質問のまとめ

  • 直接応募の場合は、郵送の記載がなくても、職務経歴書は同封した方が良い
  • Web応募の場合は、持参の指示がなくても、職務経歴書は持参した方が良い
  • 封筒に職務経歴書などの応募書類を入れ、さらにクリアファイルに入れる
  • 採用担当者に手渡す時は、クリアファイルや封筒から応募書類を出してから手渡す