アルバイト経験者向けの職務経歴書テンプレートを探す

アルバイト経験者向けの職務経歴書テンプレートを探す

数年だけとはいえ、職務経験のある第二新卒向けの職務経歴書テンプレートは少しだけですがありました。

では、キャリアとして評価されにくい、アルバイト経験しかない人向けの職務経歴書テンプレートがあるのかが気になりますが、結論を言うとあります。

ただし、数は第二新卒と同様に圧倒的に少ないです。

基本的に職務経験のある人向けに作られている職務経歴書テンプレートがほとんどですので、数や種類の豊富さを求めるのは難しいです。

そこで、アルバイト経験しかない人向けの職務経歴書テンプレートはどこにあるのか、また、その他の解決策はあるのかを解説しました。

アルバイト経験者向けの職務経歴書テンプレートが手に入るサイト

サービス名 備考
リクルートエージェント 職務経験が少ない方(アルバイト)の職務経歴書テンプレートがあります。
アデコの派遣 経験がアルバイトのみの方の職務経歴書テンプレートがあります。
はたらいく アルバイトやパートの経験が多い人の職務経歴書テンプレートがあります。
リクナビNEXT アルバイト経験しかない場合の職務経歴書テンプレートがあります。

アルバイト経験者向けの職務経歴書テンプレートの解説

リクルートエージェントのアルバイト経験者向けの職務経歴書テンプレートの解説

リクルートエージェントには、職務経験が少ない方(アルバイト)の職務経歴書テンプレートがあります。

職務経験が少ない方(アルバイト)の職務経歴書テンプレートの解説

職務経験が少ない方(アルバイト)の職務経歴書テンプレートは、職務経歴、資格、自己PRで構成されています。

このテンプレートに足りないのは、職務要約です。

アルバイトを2つ経験しているので、それについて書きます。

「レストランの接客アルバイトの経験が○年間あり、テレフォンアポインターのアルバイト経験が△年間あります。テレフォンアポインターの仕事では1日50件の問い合わせ対応をしてきました」と書くだけで、どんなことをしてきた人なのかなというのが瞬時に分かります。

また、職務経歴や自己PRは特に問題はありませんが、自己PRはレストランとテレフォンアポインターのアルバイトに分けて、アピールポイントが挙げられると良かったかもしれません。

アデコの派遣のアルバイト経験者向けの職務経歴書テンプレートの解説

アデコの派遣には、経験がアルバイトのみの方の職務経歴書テンプレートがあります。

経験がアルバイトのみの方の職務経歴書テンプレートの解説

経験がアルバイトのみの方の職務経歴書テンプレートは、職務経歴詳細の中に、職務内容、PCスキル、自己PRという流れで構成されています。

まず気になったのが、職務要約がないことです。

アルバイトといっても長期に継続して働いた経験があるので、「3年7ヶ月間レストランのスタッフとして接客、電話応対、新人アルバイト指導、シフト管理、調理補助の業務を担当してきました。」という職務要約を書くべきです。

そして自己PRはもったいない書き方をしています。

最後にセールスポイントが書かれているので、これを最初に持ってきます。

「周囲とコミュニケーションをとり・固定観念にとらわれず、提案・行動・交渉できることが強みです」という部分を箇条書きで、太字や下線で書くか、もしくは記号で挟んで目立たせて、その下にエピソードを書く形にすると見やすくなります。

はたらいくのアルバイト経験者向けの職務経歴書テンプレートの解説

はたらいくには、アルバイトやパートの経験が多い人の職務経歴書テンプレートがあります。

アルバイトやパートの経験が多い人の職務経歴書テンプレートの解説

アルバイトやパートの経験が多い人の職務経歴書テンプレートは、希望職種、志望動機、職務経歴、自己PRという流れで構成されています。

英語を使った仕事がしたいので、翻訳スタッフを志望しているようですが、翻訳に必要な英語スキルをアピールできているように思いません。

自己PRで英会話力に自信があるとありますが、読み書きとなると別の問題です。そのために、各種試験を受験予定と書いていますが、可能であれば、何らかのスコアや資格を取った上で、アピールしたいところです。

自己PRそのものとしては、英会話力に自信があるのであれば、それを最初に箇条書きで目立つように書くべきです。

その上で、エピソードを添えます。志望動機も結論が最初に来ていないので、分かりにくいです。

何れにしても、読み書きもできるスキルがあることを証明してから、志望動機を書くと説得力が増します。

リクナビNEXTのアルバイト経験者向けの職務経歴書テンプレートの解説

リクナビNEXTには、アルバイト経験しかない場合の職務経歴書テンプレートがあります。

アルバイト経験しかない場合の職務経歴書テンプレートの解説

アルバイト経験しかない場合の職務経歴書テンプレートは、職歴、自己PRで構成されています。何れも改善点が多くあります。

まず、職歴の前に職務要約が欲しいです。

「大学卒業後、4年間バンド活動を行い、レコード店に営業をして、都内7店舗の取り扱い実績があります、また、飲食店アルバイトも同時期に4年間行い、接客や調理補助以外に、集客企画を行い、売り上げを前年比140%増にした経験があります。」と書くと、アルバイトだけど、深い経験をしてきた人だなと思われます。

自己PRも飲食店のエピソードとバンドのエピソードに分けて書き、それぞれにセールスポイントを冒頭に就ければ、見やすくて分かりやすくなります。

アルバイト経験者向けの職務経歴書テンプレート以外の解決策

個人的には、アルバイト経験しかない人向けの職務経歴書テンプレートにこだわらない方が良いと思います。

なぜかと言うと、その他にも解決策はあるからです。

具体例を挙げると、一般の職務経歴書テンプレートをカスタマイズするか、自己PR書、志望動機書、作品といった職務経歴書以外のものを作るのです。

職務経歴書以外のものを提出すれば、応募先の企業にも、どうしても入社したいという気持ちが伝わります。

一般の職務経歴書テンプレートをカスタマイズ

アルバイトであろうとなかろうと、アルバイト向けの職務経歴書テンプレートよりも、職務経験のある人向けの職務経歴書テンプレートを参考にして職務経歴書を作成する方が良いと思っています。

先に挙げたように、リクルートエージェントには職務経験の浅い第二新卒向けの職務経歴書テンプレートもありますし、志望職種が決まっているのであれば、その職種の職務経歴書テンプレートを参考にするのもありだと思います。

また、職務経歴書テンプレートがダウンロードできるページには解説も添えられているので、職務経歴書作成のポイントを知ることもできます。

自己PR書、志望動機書、作品など違う形でアピールする

職務経歴書とは違う形でアピールするというのはキャリアのない・少ないフリーターにとって、取るべき選択肢です。

自己PRや志望動機はアルバイトだけでなく、それ以外の経験からでも作成することができます。

職種にもよりますが、作品も、Webサイトを作ってアクセスをたくさん集めたとか、アフィリエイトで収入が発生したとかがあれば、強力なアピールになります。

フリーターから正社員就職を目指している人へ

アルバイト経験しかないので、正社員を目指すのは難しいと思っていませんか?

実はフリーターのような未経験でも正社員就職を支援してくれる就職エージェントがあります。

職務経歴書の作成で悩む前に、こうした就職エージェントにまずは相談してみる方が、前に進みやすいです。

ハタラクティブ

書類選考なしの求人もあり、書類審査通過率91.4%の書類作成のサポートもしてくれます。

どうやって応募書類を書けばよいのか悩んでいるのであれば、相談してしまった方が楽です。

ただ、求人のエリアが一都三県や関西圏のため、それ以外の地域での求人を探している人には向きません。

しかし、東京や大阪周辺で仕事を探しているのであれば、積極的に活用しましょう。

>>ハタラクティブの詳細はこちら

ジェイック営業カレッジ

ジェイック営業カレッジが他の就職エージェントと異なるのは、ビジネスマナーや面接対策などが学べる就職支援講座があることです。

この就職支援講座を修了することで、書類選考が免除される面接会に参加することができます。

3ヶ月以内に約80%の人が内定を獲得して就活を終え、働き始めているので、スピーディーな就職を考えている20代のフリーターにお勧めです。

ハタラクティブハケン

既卒のフリーター・ニートを就職支援してくれるエージェントは、主に20代を対象としており、30代のフリーターは別の方法を採る必要があります。

そこで、お勧めなのが、ハタラクティブハケンです。

名前の通り、人材派遣サービスになりますが、紹介予定派遣という形で派遣されるので、双方の合意があれば直接雇用に移ります。

実際に約82%の人が正社員化されています。